【PartyTrack利用規約】

PartyTrack利用規約(以下、「本規約」という)は、株式会社アドウェイズ(以下、「当社」という)が提供するスマートフォンアプリ向け効果測定システム「PartyTrack」(以下、「本サービス」という)の利用に関して、当社と、本文にて定義する利用者との間に適用されるものとする。
第1条(定義)
  1. 「アカウント」とは、本サービス利用に際し利用者に対して発行されるアカウントをいう。
  2. 「管理者アカウント」とは、全利用者データへのアクセス権限及びキャンペーン実行権限を持つマスターアカウントをいう。
  3. 「SDK」とは、当社が利用者に対して提供するソフトウェア開発キットなどのソフトウェアをいう。
  4. 「利用者アプリ」とは、利用者のアカウントプロフィール及び/又は申込みに記載された利用者または第三者が所有若しくは運営するスマートフォンアプリケーションをいう。
  5. 「エンドユーザー」とは、利用者アプリをクリック、ダウンロード又はインストールする個人をいう。
  6. 「レポートデータ」とは、エンドユーザー及びエンドユーザーの利用データ(広告へのクリック・利用者アプリのダウンロード等)を分析したデータをいう。
  7. 「利用者データ」とは、サービス利用において、利用者から提供される電子データをいう。
  8. 「アカウント利用者」とは、利用者の従業員、コンサルタント、業務受託者、代理店等、当社に届出ることにより本サービスを利用する権限を付与されたうえで、利用者からID及びパスワードを与えられた者をいう。
第2条(規約の改訂)
  1. 当社は、利用者に対する事前の通知なく、いつでも本規約を改訂することができる。
  2. 前項の改訂後の本規約は、本サービス上に掲示するものとし、当該掲示がなされた時点で効力を生じるものとする。
  3. 利用者は、本規約が効力を生じた後において本サービスの利用を継続した場合、改訂後の本規約に同意したものとみなす。
第3条(利用申込み)
  1. 利用者は、本サービスを利用するにあたり、本規約に同意し、当社所定の方法で本サービスの利用申込みを行うものとする。利用者は、当社所定の情報を最新かつ正確な状態で当社に提出するものとする。
  2. 当社は、前項の利用申込みを受領後、当社所定の基準により審査を行い、当該申込みの承諾の可否を利用者が申込み時に記載したメールアドレス宛に通知する。本規約は、承諾の通知によって成立するものとし、その通知日を当該利用者の本サービスへの登録日とする。
  3. 利用者は、利用者のメールアドレス・その他の利用者情報について変更が生じた場合、当社所定の方法により速やかに変更手続きを行うものとする。
  4. 当該変更手続きを怠ったことによって利用者に損害が生じた場合、利用者は当該損害について一切責任を負わない。また、当該変更手続きを怠ったことによって当社に損害が生じた場合には、当社は利用者に対しその損害を請求することができるものとする。
  5. 利用申込みを行う利用者が代理店である場合、当該代理店は、当社に対し、広告主から広告に関する業務を正当に委託されていること(当該業務に関連して必要となる権利に係る譲渡又は許諾を受けていることを含む)を表明し保証する。
第4条(アカウントの管理及び追加作成)
  1. 当社は、追加アカウント作成に係る申請を別途受領した場合、当社の独自の裁量により追加アカウントを作成し、これを利用者又はアカウント利用者に付与する。ただし、管理者アカウントの作成については、計3アカウントまでとする。
  2. 利用者は、本規約に基づく義務をアカウント利用者に遵守させるものとする。利用者又はアカウント利用者のアカウントを用いて行われた一切の事項は利用者又はアカウント利用者自身が行ったものとみなされるものとし、利用者は、これらの事項につき一切の責任を負う。
  3. 利用者は自己の責任において、アカウントを厳に秘密として管理するとともに、定期的なパスワードの変更を行う等、第三者によるアカウントの盗用、元従業員によるアカウントの利用、その他不正利用を防止する措置を講じるものとする。
  4. 利用者は、アカウント利用者に関し変更(異動や退職による変更を含むがこれらに限られない)が生じた場合、当社所定の方法により当社に対して速やかに通知を行うものとする。
第5条(本サービスの内容)
  1. 当社は、当社が開発し、運営・管理する本サービスを提供し当該サービスを利用者が利用できるようにする。
  2. 本サービスの導入にあたり必要なプログラムの設置作業については、マニュアル等において当社が推奨する方法に基づき、利用者自身の責任で行うものとする。
  3. 当社は、前項に定める作業及びこれに関連して生じる結果、事象又は損害について一切の責任を負わないものとする。
第6条(本サービス利用料金)

利用者は、当社に対して、本サービスの利用料金として、当社所定の金額を当社所定の方法で支払うものとする。

第7条(本サービスの停止・変更)
  1. 当社は、本サービスの提供に必要な設備等の保守若しくは改修を定期的に若しくは緊急に行う場合、当該設備に障害が生じた場合、電気通信事業者の提供する電気通信役務に起因して電気通信サービスの利用が不能になった場合、その他運用上若しくは技術上、当社が必要と判断した場合、事前の通知を要せず、本サービスを必要な期間、定期不定期を問わず停止することができるものとし、利用者はそれを予め了承するものとし、これについて何らの異議を述べないものとする。当社は、本条の事由によって生じた利用者の損害につき一切の責任を負わないものとする。
  2. 当社は、随時本サービスを停止し又は本サービス内容の変更、追加、削除をすることができるものとする。その場合、当該停止又は変更等の利用者への通知は、当該停止又は変更等の実施前までに当社のウェブページ上にて行うものとするが、緊急を要する場合はこの限りではないものとする。
第8条(利用者データ)
  1. 利用者は、当社から本サービス利用にあたり必要な利用者データの提供を求められた場合は、これに従うものとする。
  2. 当社は、前項の定めにより提供を受けた利用者データを秘密情報として管理するものとする。
  3. 当社は、本サービスの提供又は設備の保守のために必要と判断した場合は、いつでも、アカウント又は利用者データにアクセスすることができる。
第9条(秘密保持義務)
  1. 当社及び利用者は、本規約の履行を通じて取得した相手方の技術上または営業上の情(以下「秘密情報」という。)を秘密に保持し、本契約の目的以外にこれを利用せず、また相手方の書面による同意を得ることなしに第三者に開示または漏洩してはならない。ただし、以下の情報はこの限りでない。
    1. 取得したときに、既に公知となっている情報。
    2. 取得した後に、取得者の責によらずして公知となった情報。
    3. 取得する以前に、取得者が既に知得していた情報。
    4. 正当な権利を有する第三者より、守秘義務を負うことなく開示を受けた情報。
    5. 秘密情報によらずして、独自に開発した情報。
  2. 当社は、本契約遂行の目的の範囲内で秘密情報の複製・改変を行えるものとし、本サービスの利用者全般にまたがって集計された統計情報については、第三者が当該統計情報から特定の本サービスの利用者を識別しえず、かつ、主体の匿名性が確保された態様においてのみ、利用・公表できるものとする。
  3. 前二項の規定は利用者の本サービス利用の終了後も存続するものとする。
第10条(レポートデータ)
  1. 利用者は、本サービスにより当社サーバー内に蓄積されたレポートデータを、本サービス管理画面にアクセスすることにより閲覧することができる。
  2. レポートデータのバックアップに関して当社は一切責の責任を負わないものとする。
  3. 利用者は、本サービスの利用期間終了後は、原則的に管理画面にアクセスすることができず、レポートデータの再発行等を求めることが出来ない。
  4. 当社は、エンドユーザーを特定する情報を含まない情報により構成される統計的資料および広告配信時の参考資料として当社子会社及び関連会社と共同してレポートデータを使用することができるものとする。
  5. 当社は、測定データを媒体者に情報開示する場合がある。但し、当該開示は媒体者に対して、当該媒体者自身が配信した測定データのみを開示し、当該開示は個人が特定できる情報を含まないものとする。
第11条(委託)

当社は、本サービスを運営・管理するにあたり必要な場合、利用者の事前承諾を得ずに、当社の業務の一部を当社子会社及び関連会社その他の第三者に対して委託することができ、利用者は予めこれを承諾するものとする。

第12条(免責)
  1. 利用者は、本サービスを利用するにあたり、自己の判断と責任において、本サービスと併用して利用者が利用する商品・サービスを提供する第三者と契約を締結するものとする。当社は、利用者が本サービスと併用して利用する当該第三者の商品・サービスについて何ら関知せず、また、一切の責任を負わないものとする。利用者と第三者との間で、紛争が生じた場合は、利用者が自らの責任と負担で当該紛争を解決するものとし、当社は一切の責任を負わないものとする。
  2. 当社は、本サービスの運営に対して安定的に維持することを努めるものとするが、以下の事項をはじめとした本サービスの動作、正確性、最新性、特定サービスに対する適合性、信頼性、完全性、有用性、保全性、内容、性能、権利の非侵害性、その他一切の保証をしない。
    1. 本サービスが一時的にも停止することなく、常時問題なく運営されること。
    2. 本サービスに欠陥が生じた場合に、常に原状のとおり復元・修復されること。
    3. 本サービス内にコンピュータウイルスなどの破壊的構成物が存在しないこと。
    4. 完全なセキュリティを提供及び確保すること。
    5. 本サービスにおいて当社サーバー内に蓄積されたデータ及びそれらデータのバックアップの保全性・完全性
  3. 本サービスによる広告効果測定は、当社独自の測定方法及び基準に基づいて行われるものとする。当社は、本サービス利用による売上の向上、閲覧数の増加、回遊率の改善、その他いかなる効果も保証しないものとする。
  4. 利用者は、本サービスが全ての広告配信システムに対する互換性を有し、又は対応するものではないことを予め了承する。当社は本サービスについて特定の広告配信システムに対応させるための改修、修正、アップデート等を行う義務を負わない。
  5. 当社は、任意の時期に本サービスの提供を終了できるものとし、利用者は、当該終了に起因し、または関連して損害を被った場合であっても、当社は何らの責任を負うものではないことを予め承諾するものとする。
第13条(解除)
  1. 当社は、利用者に次の各号のいずれかの事由が生じ、又はそのおそれが生じた場合、何らの通知・催告を要することなく(但し、第8号の場合には通知を行うこととする)、直ちに本契約の全部又は一部を解除することができるものとする。なお、本契約各条に基づく解除に起因し、または関連して利用者に損害が生じた場合であっても、当社は何ら責任を負うものではない。
    1. 破産、会社更正、民事再生、特別清算等法的整理の申立てを受け、又は自らこれを申し立てたとき。
    2. 資金不足により手形・小切手を不渡りとし、又は支払停止の状態に陥ったとき。
    3. 第三者より仮差押、仮処分、差押、強制執行もしくは競売の申立て又は公租公課の滞納処分を受けたとき。
    4. 解散、減資、営業の全部もしくは重要な一部の譲渡・貸与等の決議をしたとき、又は他の会社と合併しとき。
    5. 監督官庁より営業の取消、停止等の処分を受けたとき。
    6. 本規約に違反したとき。
    7. 資産、信用又は事業に重大な変化が生じ、本契約に基づく債務の履行が困難になるおそれがあると認められるとき。
    8. 利用者の行う報告に虚偽があった場合その他信頼関係が著しく損なわれるに至ったとき。
  2. 当社は、利用者に解除希望日の1ヶ月前までに通知することにより、本契約の全部又は一部を解除することができるものとする。なお、当該解除に起因し、または関連して利用者に損害が生じた場合であっても、当社は何ら責任を負うものではない。
第14条(責任の限定)
  1. 当社は、本サービス及び本規約に関する債務不履行、不法行為、瑕疵担保責任、製造物責任、その他請求の根拠のいかんに関わらず、得べかりし利益、あらゆる種類の付随的損害、派生的損害及び特別損害(予見可能な場合も含む)について、一切の責任を負わないものとする。
  2. 当社は、いかなる場合においても、利用者による損害賠償請求に対して、直近1ヶ月の利用料を上限とする責任しか負わないものとする。
第15条(知的所有権及びライセンス)

当社が利用者に対して提供する、本サービスに関する知的所有権は、すべて当社に帰属するものとし、利用者は本サービスを利用する範囲内でのみその利用を許諾されているものとする。また、利用者は当社の事前の許可なくして、それらの内容などに対して一切の修正・変更はできないものとする。

第16条(利用者の禁止行為)
  1. 利用者は、以下の各号に定める行為を行ってはならないものとする。
    1. 本サービスを不正目的で使用する行為
    2. 本サービスを当社の定める範囲及び使用目的以外で使用する行為
    3. 本サービスを第三者に再配布、販売、貸与、譲渡、公衆送信する行為
    4. 法律、政令、省令、条例、規則、行政指導等に違反する行為
    5. 当社の承認がないにも関わらず、本サービスに関連して営利を目的(本サービスの再販売・代理販売等を含むがこれに限らない)とする行為
    6. 本サービスの全部又は一部を、複製、改変、リバースエンジニアリング等をする
    7. 当社が発行するタグについて、改変行為や第三者に提供する行為
    8. 本サービスに関するプログラム、及びその他の解析行為、無権限でのアクセス、改竄または逆コンパイル等の行為
    9. 本サービスに対して、コンピュータウイルスなど有害なプログラム等を送信 若しくは提供する行為
    10. 当社、その他の第三者の情報を改ざん、消去する行為
    11. その他、当社が不適切と判断する行為
  2. 利用者が前項各号のいずれかに該当又はそのおそれがある行為を行ったと当社が判断する場合、当社は、利用者による本サービスの利用を停止することができる。また、かかる場合、第三者から当社または利用者に対して問い合わせ、請求、クレーム、紛争又は訴訟提起等が生じ、当社または利用者が損害を被ったときは、利用者はその一切の損害(合理的な弁護士費用及び裁判費用等を含むが、これらに限定されない)を補償し、又は賠償するものとする。
  3. 本条第1項各号への該当性についての判断は、当社が行うこととし、当該利用者に対し、その内容又は根拠理由、判断基準の説明を要しないものとする。また、調査対象となったデータは公開しないものとする。
第17条(譲渡禁止)
  1. 利用者は、当社の事前の書面による承諾を得ることなく、本規約に基づく権利、義務その他契約上の地位を第三者に譲渡し又は担保の用に供する等してはならない。
  2. 当社は本サービスにかかる事業を第三者に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本サービス又は本規約に基づく権利及び義務を当該第三者に譲渡することができ、利用者は、かかる譲渡につき予め了承するものとする。
第18条(準拠法・裁判管轄)

本規約の準拠法は日本法とし、本規約に関し紛争が生じたときは、訴額に応じて東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

第19条(協議)

本規約に定めのない事項又は本規約の解釈に疑義を生じた場合には、本規約当事者は信義誠実の原則に従い協議し、これを解決するものとする。